ゴキブリ駆除日記

ゴキブリが嫌で高層階・築浅の物件を選んだのに...【ゴキブリ駆除日記】

ゴキブリ駆除日記シリーズ。
今回は、ゴキブリが嫌で高層階・築浅の物件を選んだのに出まくった例についてです。

ゴキブリが出やすい階数は、ゴキブリが出やすい階数【1000件のデータ】1階?2階?高層階は出にくいのか?で詳しく書いていますが、戸建を含めた1階2階です。これは感覚的にも間違いありません。

なので、ゴキブリを見たくないから高層階を選んだ。これは確率的には大正解です。

そして築浅物件。結局のところ、水回りやエアコンは穴が開いていて、窓を開けない人は居ても玄関を開けない人は居ない。どうやっても外と繋がっているので、築浅だから虫が入ってこないというのは幻想です。

が、玄関や網戸の隙間は築浅のほうがキッチリ閉まっているので、築浅のほうが有利なのは間違いではありません。

しかし今回の案件は、築3年のマンションで、8階という条件でしたが、どうやらベランダでのみしょっちゅうゴキブリを見かけるということだったのです、、

_ _
_ _

調査開始

当日調査開始で、水回りを開けてみてもフンも死骸もなく、ゴキブリが通った跡すらないので、部屋内は問題ないように見えたのですが、ベランダに出ると、エアコンの室外機の下に死骸が2つ、、

しかし8階なわけで、野生のヤツが外壁を登ってきているとは考えにくく、どうにも解せないのです。

どうにも解せないので、あんまり大きな声では言えないのですが、ベランダの間仕切りの下のわずかな隙間から隣の部屋のベランダを覗いてみると、不要となった雑誌や衣類・タオルといった物が山積みになっていまして、、

雨ざらしだからぐちゃぐちゃなわけです。

雑誌とか波打ってる感じです。もうここしか考えらませんよね。

さらに逆隣も見てみると、こちらは物もなくきれいでしたがブラックキャップがいくつも置かれていました。ゴキブリに悩んでいる証拠ですね。

結局のところ高層階とはいえ

結局のところ、築浅だろうが高層階だろうが、隣人がヤバイ人だとヤバイ部屋となってしまうということですね、、

物件探しの時、内見をしますよね。そこで隣人のチェックというのはなかなか難しいかと思われますが、高層階だからといって油断は禁物なのです。なにかしら隣から危険なにおいを感じたら、ちょっと慎重になったほうがいいかもしれません。

後日談ですが、このお客様は管理会社に言って、隣人のベランダは片付いたようなのですが、今度は玄関周りで見かけるようになったらしく、、

結局3回施工に行って、最後共用廊下にも薬剤を打ちまくって、そこから連絡がなくなったので駆除となっていることを願ってやみませんが、ベランダで繁殖していたゴキブリが住処を失って廊下に移動してきたと。

8階だろうが、8階に居たヤツらが8階の廊下に移動するだけのことなので、階数は関係ないんですよ。共用廊下というのは検針の機械や給湯関係等々、意外と隠れるところは多いのです。

一度繁殖が始まってしまうと階数なんて何も関係ないから恐ろしい話ですね、、

そういえば渋谷の高級マンションの12階の廊下で繁殖していたこともありました。

高層階だからといって油断は禁物!

お問い合わせはこちら

_ _

-ゴキブリ駆除日記
-,

© 2021 ゴキプロ.com